Urban Economics Workshop
Kyoto University



  場所:京都大学経済研究所 本館1階 第二共同研究室 【交通アクセス】【本部構内MAP】
       (変更のある場合は別に記載いたします。)

  時間:3時〜6時(時間変更のある場合は別に記載いたします。)

世話人: 文世一 (京都大学大学院経済学研究科) [HP]
森知也 (京都大学経済研究所) [HP]
松島格也 (京都大学大学院工学研究科) [HP]
山本和博 (大阪大学大学院経済学研究科)
松尾美和 (神戸大学経済経営研究所) [HP]


連絡先:電子メール:
         TEL: 075−753−7120(秘書・中村) FAX:075−753−7198



†過去の研究会
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年

当面の予定は以下の通りです。

(Last Updated on 01/07/19 by Yuki Nakamura)


1月25日(金)

発表者(1)岡本千草(東京大学・院)

論題:Impacts of high-speed rail construction on urban agglomerations: Evidence from Kyushu in Japan (with Yasuhiro Sato)

要旨:High-speed rail integrates regions and cities, and thus can possibly have significant impacts on the distribution of economic activities. Using the opening and extensions of a high-speed rail, Shinkansen, in Kyushu, Japan, we examine its effects on the distribution of economic activities across urban agglomerations. We focus on changes in land prices and estimate hedonic price equations to conduct a difference-in-difference analysis. We find that the large metropolitan areas gained from the high-speed rail by experiencing increases in land prices, whereas small metropolitan areas located between them lost by experiencing decreased land prices. However, such positive effects are shown to be limited to areas close to Shinkansen stations.

発表者(2)河野達仁(東北大学)

論題:External benefits of geographical concentration of firms with trade network (with Kentaro Nakajima and Kosuke Shoda)


2月19日(16:30〜18:00

発表者:Seungjae Lee(University of Seoul)

論題:Sustainable forms of Seoul Metro systems based on big data analytics